top of page

動物の尿pHへの影響について

尿路系の尿中結石および結晶は身体の水溶性老廃物や各種ミネラルなどの老廃物が過剰になると結晶化して沈殿すると言われています。さらに, 結晶化したミネラルが尿路系に停滞する有機物と結合して結石を形成します。結石が発生する病態に関しては, 個々の結石のミネラル組成によりまったく異なっており、その治療法、予防法に関してもミネラル組成により 異なったものとなっています。


現段階においてピルサポート投与後の動物の尿検査は未検証につき、尿中pHについては把握しておりません。そのためピルサポートがストルバイトやシュウ酸カルシウム結晶の生成にどのような影響を与えるのかということにつきましては正確に判断することができません。 (※ご参考までにピルサポート自体の製品pH値は、6.4の弱酸性となります)  


小動物の臨床栄養学(第5版)にあります、ストルバイトおよびシュウ酸カルシウムの予防や溶解のために推奨されたミネラル成分と当社ピルサポートのミネラル成分表から、各疾病における投薬の補助にピルサポートを使用すべきか、すべきでないかは各先生の臨床判断にお任せしたいと考えております。お手数とは思いますがご使用における最終判断は、病態に対するリスクと使用による有益性のバランスからご判断して処方してくださるようお願い申し上げます。

閲覧数:45回

Comments


bottom of page